ガジェット

【AirPods Proレビュー】アクティブノイズキャンセリングが最高峰・iPhoneユーザーなら即買い防水ワイヤレスイヤホン

あだお
どうも、ガジェットマニアのあだお(@adaoblog)です。

 

今回は、世界中で絶大な人気を誇る”Apple"が販売する『AirPods Pro完全ワイヤレスイヤホンをレビューします。

 

あだお
ワイヤレスイヤホンと言えば、一番に名前が挙がってくるのが『AirPods Pro』ではないでしょうか。

 

そんな人気の『AirPods Pro』を「Apple製品だから良い!」とか「みんなが良いって言ってるから購入しよう!」としているあなた、ちょっと待ってください!!

 

ちゃんと『AirPods Pro』の特徴や良い点、悪い点を知った上での購入をおすすめします

 

あだお
音質って他と比べてどうなの?アクティブノイズキャンセリング機能付きだけど本当に必要?などなど疑問はたくさんあると思います。

 

様々なワイヤレスイヤホンイヤホンをレビューしてきた経験をもとに写真多めで解説していきますので、購入を迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

◆『AirPods Pro』の評価◆
音質:フラット・バランス型(4.5)
連続再生:24時間(4.5)
アクティブノイズキャンセリング:最高峰レベル(5.0)
音声操作:センサーボタン(4.5)
防水性能:日常に最適なIPX4(3.5)
総合評価(4.5)

 

 

 

『AirPods Pro』の外観と付属品

▼外箱はこんな感じです。

あだお
iPhoneユーザーなら分かると思いますが、iPhoneが入っている硬い厚紙の丈夫な箱に入っています。

 

▼上蓋を持ち上げるとイヤホンケースが出現

 

付属品を箱の中からすべて取り出すと・・・

 

▼付属品一覧

付属品一覧

  • イヤホン本体(左右)
  • 充電ケース
  • USB Type-Cケーブル(105cm)
  • イヤチップ(S / M / L)各1セット
  • 取扱説明書
  • 保証内容書(購入日から1年間)

※ACアダプタは付属していないため、スマホの充電器と併用するか別途用意してください。

 

あだお
必要最低限のシンプルな付属品のみ同封されています。

 

▼イヤホンとケース

カラーバリエーションは、ホワイト1種類のみです。

 

あだお
ホワイト以外のカラーが良い方や他の人と被りたくない方はカラーバリエーション豊富なシリコンケースで色味を加えてみるのもありですよ。

 

▼シリコンケースを装着した感じ

▼その他カラーバリエーション

  • ネイビーブルー
  • グレー
  • レッド
  • イエロー
  • ラベンダー
  • ピンク
  • ホワイト
あだお
ブラックの他に7種類のカラーから選ぶことができます。

 

 

▼手のひらよりかなり小さいサイズ

あだお
かなりコンパクトな設計で、持っている感じがしないくらい軽いです。

 

▼イヤホンとケースの重量


  • 『イヤホン1個』:5g

  • 『イヤホン+ケース重量』:57g
あだお
ワイヤレスイヤホンの中ではかなり軽量モデルです。ポケットに入れても違和感がなく、入っているのが分からないくらい小さくて軽いです。

 

▼ケースの寸法


  • 奥行:2.16cm

  • 横:6.04cm

  • 高さ:4.52cm
あだお
コンパクトで無駄のないデザインです。

 

▼ケーズ本体の表面

 

▼ケース本体の裏面

あだお
ワイヤレス充電にも対応していて、裏面をワイヤレス充電器にのせると充電できます。

 

▼ワイヤレス充電中

 

▼充電ケーブル差込口は底面

あだお
接続端子がiPhoneと同じLightning端子となっています。

 

▼充電ケーブルが105㎝と長め

あだお
ワイヤレスイヤホンの充電ケーブルの中ではここまで長いのは珍しいです。スマホの充電ケーブル並みに長くていい!

 

▼充電ケーブルがType-CとLightnigの端子の組み合わせ

あだお
あまり確認しないで購入して一瞬困ったのがこのケーブルです。

 

※Androidスマホユーザーであれば、Type-C用のACアダプタがないと充電ができません。

 

AirPods Pro本体のみを購入した状態では充電できず、新しくType-CのACアダプタを購入するしかないと思っていました。

 

あだお
私はiPhoneユーザーであったため、iPhoneの充電ケーブルとプラグをそのまま使用すれば充電が可能でした。

 

もし上記のものがなければ、Type-Cが差し込めるACアダプタを購入することをおすすめしますね。

 

▼Type-C用のACアダプタ

あだお
コンパクトで2ポート搭載、合計90Wもの高出力の急速充電器ならRAVPowerの急速充電器がおすすめ。

 

▼ケースオープン!!

あだお
イヤホンが縦に収納するタイプになっています。

 

▼イヤーチップ

あだお
標準のMサイズは本体に装着されてて、交換用でSとLサイズが付いています。
あだお
ちなみに私はMサイズがフィットしました。

 

▼イヤーチップの外し方のコツ

あだお
イヤーチップを交換するときのコツとしては、イヤーチップを上記のように裏返して左右どちらかにポキッと力を入れると外れやすいです。

 

▼凹みがある部分をクリックすると曲の再生や停止できる

あだお
iPhoneのホームボタンと同じで指で触れた時だけ反応するようになっています。
あだお
少し残念なのが、ボリューム調整はプレイヤー本体で操作しなければならない点です。

 

▼充電中はオレンジ点灯

 

▼充電時の点灯色

ランプ色 説明
オレンジ イヤホン充電中
ケース充電中
イヤホン充電完了
ケース充電完了

 

▼充電完了は緑ランプ点灯

あだお
フル充電で緑色の点灯になります。

 

 

 

『AirPods Pro』のスペック・特徴

 

製品名 AirPods Pro
価格(2020年10月21日現在)Amazon参考 28,980円
音質 バランス型・フラットな音質
機能1 アクティブノイズキャンセリング
機能2 ワイヤレス充電対応
機能3 急速充電対応(約5分充電で約1時間再生)
防滴性能 IPX4
接続方式 左右同時伝送方式
ケースサイズ 奥行:2.2 cm , 横:6.0 cm , 高さ:4.5 cm
片耳イヤホン重量 5g
ケース重量 57 g
連続再生時間(ケース込) 最大4.5時間(24時間以上)
音声圧縮変換方式 AAC,SBC

 

他メーカーも敵わない最強のアクティブノイズキャンセリング

AirPods Proを気になった理由の多くは、"アクティブノイズキャンセリング機能(ANC)"付きのワイヤレスイヤホンだからではないでしょうか。

 

"アクティブノイズキャンセリング機能(ANC)"とは、「外部の雑音を外側のマイクが検知して、その音を打ち消すような音を流すことで雑音をかき消す」という機能です。

 

カナル型のワイヤレスイヤホンでは、イヤーチップにより耳の穴を塞ぎ、外部の音を遮断するタイプだと完全には遮断しきれ音量を上げてかき消すことしかできません。

 

あだお
過度に音量を上げた状態を続けると、耳への負担が大きくなるためあまりおすすめしません。

 

アクティブノイズキャンセリング機能をONにすれば、音量を上げることなく周囲の雑踏音、電車の走行音、アナウンスほとんど聞こえなくなり音楽のみに集中できます。

 

あだお
と言っても完全に音が消えるわけではなく、遠くで鳴っている程度なので軽く音楽を流せば完全に消えるに等しい程度でした。

 

もしアクティブノイズキャンセリング機能使用したことがない方であれば、電車の中でも誰もそこに居ないかのような真空状態にいるかのようで感動することは間違いないでしょう。

 

あだお
カフェで集中して作業したい場合や静寂な場所で映画鑑賞をしたい場合にかなり重宝するワイヤレスイヤホンです。

 

音質はSONYやゼンハイザーにはやや劣る

価格が2万円後半近くするのだから、音質もきっといいはずだと思っていました。

 

実際に使用してみると、音質はフラットかつ高音・低音ともにバランスの取れた聞き取りやすい音質で、映画鑑賞や音楽にも最適なワイヤレスイヤホンです。

 

ただ、SONYやゼンハイザーなどの音響機器に強いメーカーと比較すると、音質の迫力や性能では敵わない印象を受けました。

 

音質は好みが強くなる部分ではありますが、数々のワイヤレスイヤホンをレビューしてきた経験から言うと、音質はやや劣るもののiPhoneユーザーの利便性や接続安定性はNo1AirPods Proうワイヤレスイヤホンはないと確信しました。

 

あだお
iPhoneやApple watchユーザーは、迷わずAirPods Proを選べば間違いなく後悔することはありません。

 

Androidユーザーや音質重視の方は、同じ価格帯のSONYやゼンハイザーのワイヤレスイヤホンを検討してみてください。

 

置くだけで充電ができるワイヤレス充電対応

イヤホンケース裏面をワイヤレス充電器に置いているだけで充電が可能です。

 

イヤホンケースのバッテリーを併用すると最大24時間の連続使用ができます。

 

あだお
長時間使用しても1日中充電する必要がないため、結構長持ちします。

 

スマホやワイヤレスイヤホン、Applewacthなど充電するガジェットが多くてコンセント部分がケーブルでいっぱいになっていませんか。

 

上記3つを同時に充電できるワイヤレス充電器も販売されているので、スマートに充電するならワイヤレス充電器を選んでおきましょう。

 

遅延が全くない・iphoneユーザーのために考えられた利便性

iPhoneユーザーならイヤホンケースの蓋を開いただけで、スマホとイヤホンを接続する画面が表示されます。

あだお
イヤホンとケース本体の画像が表示され、それぞれの残り電池量を確認することができてかなり便利。

 

接続安定性については、接続が途中で途切れたり、Youtubeやプライムビデオなどで映像と音声がずれたりすることは全くありませんでした。

 

あだお
実感したこととして他のワイヤレスイヤホンよりも、Bluetoothの接続可能な範囲が広くて接続が全く途切れなかったです。

 

電車の中やカフェなどで接続が途切れてしまうといちいちストレスになるので、接続安定性が高いAirPods Proならストレスフリーな使用ができます。

 

安心できる防水性能IPX4を搭載

MEMO

『IPX4』・・・

あらゆる方向からの飛まつによる影響がない程度の防水機能

日常生活程度の飛散なら問題なし。

 

あだお
突然の雨や水の飛散などの日常生活には問題ない防水機能でありますが、水没には耐えきれない防水機能であることです。

 

頻度的にはないと思いますが、水没することがある場所で使用するなら、別の防水イヤホンを選んだ方が良いでしょう。

 

急速充電に対応

AirPods Proなら5分間の充電で約1時間の再生が可能になる急速充電が搭載されています。

 

あだお
充電し忘れても、5分さえ充電すればすぐ使えるのでかなり便利ですよね。

 

『AirPods Pro』の良い点・悪い点

良い点

  • アクティブノイズキャンセリングが最強
  • iPhoneユーザーのための利便性
  • バランス型の音質
  • 遅延が全くない
  • 急速充電対応

 

あだお
iPhoneユーザーのために利便性を考え抜かれたワイヤレスイヤホンであり、何と言っても感動するレベルのアクティブノイズキャンセリング機能は買って損しないですね。

 

悪い点

  • 価格が少し高め
  • 音質はSONYやゼンハイザーには少し劣る

 

あだお
音響に強いSONYやゼンハイザーに少し劣るものの、その他の性能については文句なし。聞き比べないとその違いは分からないレベルです。価格が少し高めなので2万前半台になってくれれば最高です。

 

 

『AirPods Pro』のペアリング方法

▼iPhoneユーザー

AirPods Proのペアリング(Bluetooth対応機器との接続)方法をご紹介します。

 

と言っても、簡単すぎて説明がいらないくらいです!笑

 

step
1
接続する機器の『BluetoothをON』にしておく

step
2
イヤホンケースの蓋を開く

 

step
3
機器に表示された『接続』をタップする

これで接続方法は完了です。

 

あだお
蓋を開いてタップするだけってめちゃくちゃ簡単過ぎますよね。

 

1度ペアリングをしていれば、次回からイヤホンをケースから取り出せば自動で接続されます。

 

▼Androidユーザー

Androidユーザーの方は蓋を開いただけでは、接続はできません。

step
1
接続する機器の『BluetoothをON』にしておく

step
2
ケース裏面の丸ボタンを長押しする

 

▼ケース正面のLEDランプが白色に点滅すれば、ペアリングモードになります。

 

step
3
スマホ画面で『ペアリング』をクリックする

 

step
4
接続されたことを確認する

 

接続方法は以上です。

 

あだお
iPhoneと比較すると、操作方法が多く手間が少しかかりますが、接続することはできます。

 

 

『AirPods Pro』の装着感と操作方法

今回のAirPods Proは、AirPodsのインナーイヤー型からカナル型に変更されています。

AirPods Pro(カナル型)

AirPods(インナーイヤー型)

硬めのプラスチック素材を耳に長時間入れているのは辛いと感じていた方も多いのではないでしょうか。

 

シリコン製のイヤーチップを採用したことで、長時間着用しても耳が痛くなることなく、遮音性の向上を見事にクリアしています

 

カナル型と言えば、耳の奥までしっかり入り込むため、密着性に優れていてイヤホンが落下する心配がないのが良いところ。

 

逆に耳の奥まで入り込むのが苦手な方もいると思います。

 

今回のAirPods Proはカナル型ですが、耳の奥まで入り込み過ぎずしっかりとホールド感もある両手取りしたワイヤレスイヤホンとなっています。

 

3種類(S,M,L)のイヤーチップから自分に合うサイズを選べ、女性や男性問わずどんな方でも安定した装着感を味わうことができます。

 

再生・一時停止・選曲などはイヤホンの凹み部分をクリックすることで操作が可能です。

操作方法が以下の通り

再生/一時停止 1回クリック
次の曲に進む 2回クリック
前の曲に戻る 3回クリック
Siri/ノイズコントロール(どちらか登録可) 長押し
音量調整 プレイヤー本体にて操作

 

あだお
ボリューム調整は、プレイヤー本体で操作が必要です。すべてイヤホン本体で操作できるように改善されるといいですね。

 

 

『AirPods Pro』完全ワイヤレスイヤホンレビュー<<まとめ>>

iPhoneユーザー必須アイテムのワイヤレスイヤホンAirPods Proのレビューでした。

 

気になるアクティブノイズキャンセリングの実力は、周囲の雑音をほとんど打ち消し、電車の中でも誰も居ないかのような空間を作り出してくれる最強の機能を搭載

 

接続安定性が高くiPhoneユーザーの為に設計されているため相性抜群で機能的な不満点が全く見つかりませんでした。

 

価格が安くはないが、アクティブノイズキャンセリング機能を体感すれば、ここまで聞こえなくなるものかと衝撃を受けること間違いありません。

 

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスイヤホンをお探しの方はぜひ試してみてください。

 

以上、あだお(@adaoblog)でした。

 

◆『AirPods Pro』の評価◆
音質:フラット・バランス型(4.5)
連続再生:24時間(4.5)
アクティブノイズキャンセリング:最高峰レベル(5.0)
音声操作:センサーボタン(4.5)
防水性能:日常に最適なIPX4(3.5)
総合評価(4.5)

 

▼今回紹介した商品▼

▼『AirPods Pro

 

-ガジェット
-, , , , ,

Copyright© あだおブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.