ガジェット

FPSに最適なおすすめゲーミングヘッドセット5選を紹介

ゲーミングヘッドセットとは?

全方向からの音を聞き分けられるサラウンド機能や軽量化により長時間の使用にも疲れない、耐久性の高さなどゲーム専用に設計されたヘッドセットです。

これからゲーミングヘッドセットの購入を考えている方にぜひ読んでいただきたいです。

ゲーミングヘッドセットを選び方

🔵有線タイプとワイヤレスタイプで選ぶ

有線タイプ

有線のヘッドセットは、ワイヤレスのように電波の影響を受けないのがメリットな一方で、ケーブルが絡まったり、ケーブルが短いとヘッドセットに引っ張られるところがデメリットでもあります。

有線接続であれば音飛びや音の遅延も少ないので、FPSなどのゲームにもおすすめです。

ワイヤレスと比べて有線接続の方が、比較的価格が安いので、ゲーム初心者の方にもおすすめです。

FPSで音の遅延や音飛びが発生して欲しくない方やケーブルが合っても気にならない方におすすめします。

 

有線タイプのメリット

  • 音の遅延や音の飛びが発生しない
  • ケーブルで接続されているため、ヘッドセットの充電が不要
  • ワイヤレスのように設定は必要がなく接続すれば、すぐ使える
  • ワイヤレスより安価

 

有線タイプのデメリット

  • 画面から離れて使いたい人には不向き
  • コードが絡まり、断線する可能性がある

 

⚠ゲームをする際、行動範囲が決まっていたり、音の遅延などを気にされる方は、有線タイプをおすすめします。

ワイヤレスタイプ

ワイヤレスのヘッドセットは、何と言ってもケーブルを気にせず使用できるのが大きなメリットです。

ちょっと飲み物を取りに行く際に、ヘッドセットを外さずに取りに行けるところが、ストレスフリーで最高です。

最近では、2.4GHzのワイヤレス接続やBluetooth接続のヘッドセットが主流になっています。

ワイヤレスは有線と比べて電波や障害物の影響を受けやすく、映像と音のずれが発生しやすいので、FPSのようなゲームには向いていません。

しかし、遅延がほとんどないデジタル伝送方式ヘッドセットは、高価なのが難点ですが、複数取り扱っているメーカーもあります。

Bluetooth接続よりも2.4GHzのヘッドセットの方が音質がよく、遅延しにくいです。

 

ワイヤレスタイプのメリット

  • 無線通信が可能な範囲内であれば、離れて使用することができる
  • コードが絡まず、ストレスフリーでゲームに集中できる

 

ワイヤレスタイプのデメリット

  • 接続機とヘッドセットの間に障害物があると音の遅延が発生することがある
  • 連続使用時間に制限があり、充電が必要

 

⚠ゲーム周辺に障害物がなく、ワイヤレスのストレスの無さ、便利さを体感したい方におすすめです。

 

🔵人気メーカーで選ぶ

どのヘッドセットを購入するか迷われた方は、メーカーで選ぶのもありだと思います。

マウスやキーボードと同じメーカーで揃えれば、統一感が出て雰囲気が最高になります。

メーカーもヘッドセットを選び上で重要になりますので、せび参考にしてみてください。

Logicool(ロジクール)

ゲーミング向け周辺機器であるLogicoolGシリーズのマウス、キーボード、ヘッドセットを中心に人気のあるメーカーです。

初心者向けのリーズナブルな商品から上級者向けの高級品まで幅広い製品と価格設定で、コスパが高いです。

ゲーミング機器を選び際に外せないメーカーです。

 

Razer(レーザー)

PC製品だけでなく、PS4対応製品が多くラインナップがあるRAZER。

見た目は、いかにもゲーミングというようなデザイン性高いメーカーです。

つけ心地が良いヘッドセットが多く、PS4対応のサラウンドヘッドセットが発売されているところも注目ポイントです。

 

SENNHEISER(ゼンハイザー)

元々ドイツの音響メーカーであり、音質にこだわりの強いゼンハイザー。

映画製作現場などプロの方にも人気が高く愛用されているメーカーです。

最近では、音質やマイクの性能の良さから、ゲーミング用途としても人気が高まっています。

 

HyperX(ハイパーエックス)

LogicoolやRazerと並ぶゲーミングデバイスメーカーで、PS4向けの製品が多くラインナップしています。

つけ心地やデザイン性が良いのに、値段がそこまで高くなく、初心者でも手が出しやすいメーカーです。

個人的には、HyperXの製品がコスパが高くデザインが好みです。

 

STEEL SERIES(スチールシリーズ)

Steel seriesの製品は、プレイヤーに対して細かい配慮がされているメーカーです。

デザインはシンプルで、同じようにしか見えない製品でも、接続端子や再生方法など少しずつ異なっています

全てのプレイヤーの希望を叶えているのが、steelseries製品の特徴です。

 

🔵サラウンド機能で選ぶ

通常は、ステレオのヘッドセットが主流だと思いますが、中にはサラウンド機能があるヘッドセットがあります。

ステレオは、2つのスピーカーから音を出して聞こえるイメージで、サラウンドは、5.1ch、7.1ch、9.1chなど、5、7、9方向から音を出しているイメージなので、圧倒的に迫力あるサウンドを楽しむことが可能です。

ただ、ヘッドホンには左右1基ずつのスピーカーしか搭載されていないため、擬似的に立体感のあるサウンドを鳴らせるバーチャルサラウンドを取り入れています。

ゲームによっては「音声出力5.1ch」というように対応していない場合もあるため、ゲーミングヘッドセットのスペックとゲーム本体側の対応表記も確認しておきましょう。

 

🔵着用感で選ぶ

長時間ゲームすることも考えると、本体重量の他に接触する箇所の素材にもこだわっておくべきだと思います。

ゲームを快適にプレイするためには、柔らかで肌触りのよいイヤーパッドや通気性のよいメッシュ素材を使ったクッションなどを採用しているものを選びましょう。

人によって耳の大きさや頭の大きさが異なりますので、イヤーパッドのできるだけ大きいものやヘッドベルトで調整できるものを選びましょう。

 

🔵対応機種の種類で選ぶ

製品の機能を最大限発揮させるためには、PCやPS4などのハード側に対応しているかもチェックが必要です。

特にサラウンド機能やマイク接続に関しては、非対応のモデルもあるため注意が必要です。

なお、有線ヘッドセットのなかには、複数の入力端子に対応したケーブルが付属している製品もあります。複数の機器で1つのヘッドセットを使い回したい方はチェックしてみてください

 

 

厳選おすすめヘッドセット5選

ゼンハイザー GSP600

特徴

  • 音を漏らさず外部の騒音をシャットアウトする密閉型
  • ノイズキャンセルマイク搭載
  • 跳ね上げタイプのマイクミュート機能
  • 右側のイヤーカップに装備したボリュームコントロールにより音量調整
  • PC、Xbox One、PS4、Nintendo Switchおよモバイルデバイス対応
  • 国内正規品2年間保証

音響メーカーということもあり、音質やマイクはともに文句のつけようがないくらい最高です。

密閉型のGSP600は、PCファン、扇風機、エアコン、テレビなどのノイズもしっかり遮断してくれます。

敵の足音を正確に聞き分けることに特化しているFPS向けのヘッドセットです。

ただ、映画鑑賞や音楽にも使用したい方は、開放型のGSP500の方が中低音がしっかり出るのでそちらをおすすめします。

Amazonのレビューにもありますが、ハードコアゲーマーなど使い方によってはイヤーパッドの劣化が早いようです。

▼こちらが開放型のGSP500になります。

 

HyperX Cloud Revolver S 

特徴

  • 7.1chサラウンドは、PC、PS4に対応
  • 取り外し可能なノイズキャンセリングマイク搭載
  • 手元で音量調整可能なオーディオコントロールボックス
  • スタジオグレードのサウンドステージにより細かな音も聞き漏らさない
  • ワイド設計かつHyperX独自の高品質クッションにより、最高の快適性
  • 耐久性と信頼性に優れたスチールフレーム
  • 3.5ミリ(4極)プラグで PC、Xbox One、PS4、Nintendo Switchにステレオで対応

HyperXが独自で開発した低反発のクッションがかなり快適なフィット感です。

長時間の使用にも耳が痛くなったりもせず、問題なく使用できます。

ただ、夏場に使用する際には、蒸れやすいイヤーパッド素材なので、夏場にも使用できるメッシュ素材のイヤーパッドを用意してもらえたらもっと良かったですね。

デザインがかっこよくて、PS4にも7.1chサラウンドが対応しているヘッドセット欲しい方におすすめです。

 

 

Logicool G433

特徴

  • 7.1chサラウンド対応(PC使用時のみ)
  • 本体重量259gと軽量
  • 取外し可能なノイズキャンセリングマイクブーム搭載
  • 手元のダイヤルで音量調整が可能
  • 90°回転式イヤーカップ
  • PC、Xbox One、PS4、Nintendo Switchおよモバイルデバイス対応
  • カラーバリエーションがブラック、ブルー、レッドの3種類
  • 国内正規品2年間保証

PCに接続時のみ7.1chサラウンド対応ヘッドセットです。

イヤーパッドが蒸れにくいメッシュ素材を採用していて、夏場にも快適に使用できます。

付属のマイクロファイバー素材のイヤーパッドと交換すれば、肌触りが良いので、かなり快適です。

年中通して使用できるヘッドセットなので、かなりおすすめです。

あと、紹介する5つのヘッドセットの中で259gと最も軽量なので、首や肩凝りやすい方にもおすすめです。

 

Razer Kraken

特徴

  • 競技用有線ゲーミングヘッドセット
  • 臨場感のある低音とクリアなサウンド
  • 格納式マイク搭載
  • 冷却ジェル注入型イヤークッションにより熱がこもらず、柔らかい布とレザーレットで快適さと遮音性能を実現
  • ボーキサイトアルミ製フレームにより 優れた軽量性、耐久性、柔軟性を実現
  • ケーブル上にあるインラインリモコンで音量調整可能
  • PC、Xbox One、PS4、Nintendo Switchおよモバイルデバイス対応

いかにもゲーミングヘッドセットというデザインが特徴のRazer。

冷却ジェル入りイヤーパットにより、蒸れにくく長時間使用でも付け心地が最高です。

サラウンド機能が必要でない方で、つけ心地を重視される方におすすめです。

1万円を切る価格帯とは思えないクリアな音質、コスパが高くRazer入門や初心者にもおすすめです。

SteelSeries Arctis 5

特徴

  • 専用ソフトで7.1chサラウンド対応
  • USBチャットミックスダイヤルによるボイス音量とゲーム音量の独立調整可能
  • ノイズキャンセルマイク搭載によりクリアなボイスチャットが可能
  • 1680万色から選べるRGBイルミネーション搭載
  • イヤーカップに装備したボリュームコントロール
  • PC、Xbox One、PS4、Nintendo Switchおよモバイルデバイス対応
  • 国内正規品1年間保証

Steelseriesをすでにお持ちの方でしたら統一されることをおすすめです。

RGBイルミネーション対応で雰囲気を盛り上げてくれます。

マイク感度がかなり良くて、ノイズは付属ソフトが除去してくれるくれるので、快適にゲームを楽しむことができます。

イチオシ機能がUSB チャットミックスダイヤルにより、ボイス音量とゲーム音量をどちらか一方を下げることができる機能はかなり便利です。

専用ソフトで7.1chサラウンドもできますが、無しのほうが音質が良いと思います。

こちらもコスパが高いので、1万円以下で音質が良いヘッドセットの購入を考えられている方におすすめです。

ただ、イヤーパッドのサイズが小さめなので、店頭で試着してから購入を検討してみてください。

まとめ

コスパの高いものから様々な機能に特化したヘッドセットを5つ紹介しました。

人によって重視する点が異なりますので、自分に合ったヘッドセットを選ぶ参考にしていただければ幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

-ガジェット
-, , , , , , , , ,

Copyright© あだおブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.