ガジェット

【JBL REFLECT FLOWレビュー】防水性能が最強クラスのIPX7ランニングや運動に最適な完全ワイヤレスイヤホンの評価

あだお
どうも、ガジェットマニアのあだお(@adaoblog)です。

 

今回は、アメリカ・カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド"JBL"が販売している『JBL REFLECT FLOW完全ワイヤレスイヤホンをレビューします。

 

特に重低音の音質にこだわったSONYBOSEとよく比較されますので、"JBL"の完全ワイヤレスイヤホンがどんな性能や特徴があるのか気になりますよね。

 

実際に使用してみた感想や特徴など写真多めで解説していきますので、購入を迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

JBL REFLECT FLOW』は、最強クラスの防水機能IPX7を採用し、ランニングなどの運動用に最適なワイヤレスイヤホンです。

 

イヤホンをいちいち取り外すことなく会話することができるトークスルー機能外部の音を聞き取ることができるアンビエントウェア機能が搭載されたモデルです。

 

後ほど説明しますが、遅延なく安定する接続方式を採用したモデルなので、ストレスなく安心して動画や音楽を楽しむことができますよ。

 

汗などが心配なランニングや運動用に使用したい方や重低音を重視する方にピッタリなのが『JBL REFLECT FLOW』完全ワイヤレスイヤホンです。

 

 

◆『JBL REFLECT FLOW』の評価◆
音質:重低音重視(4.5)
連続再生:30時間(4.5)
音声操作:ボタン式(3.5)
防水性能:最強クラスIPX7(5.0)
総合評価(4.0)

 

 

 

『JBL REFLECT FLOW』の外観と付属品

▼外箱はこんな感じです。

 

▼カバーをサイドに開くとイヤホンとケースが出現

 

付属品を箱の中からすべて取り出すと・・・

 

▼付属品一覧

付属品一覧

  • イヤホン本体(左右)
  • 充電ケース
  • USB Type-Aケーブル(23.5cm)
  • イヤチップ(S / M / L)各1セット
  • スタビライザー(S / M / L)各1セット
  • 取扱説明書
  • クイックスタートガイド
  • 保証書(購入日から1年間)

※ACアダプタは付属していないため、スマホの充電器と併用するか別途用意してください。

 

▼手のひらサイズで横長タイプ

あだお
アウトドアシーンやランニングなど運動を行う格好に合いそうなデザインですね。

 

▼イヤーチップやスタビライザーの付属品がまとめて下のケースに収納されています

あだお
左側にSサイズ、右側にLサイズが入っています。標準のMサイズは、イヤホンに装着されています。

 

▼蓋オープン!!

あだお
さすが歴史あるJBLの洗練されたデザインを1万円で味わえるコスパの高さはすごい。

 

▼イヤホンとケース

あだお
通常イヤホンとケースの色が同じなのですが、ブラックのみイヤホン内側が違ってレッドなのでブラックを購入しました。

 

▼イヤーチップとスタビライザーを外した状態

あだお
メタリックの赤がポイントとなってカッコイイですね。

 

▼JBLロゴ部分のボタンをクリックすると操作ができます

あだお
少し残念なのが、ボリューム調整はプレイヤー本体で操作しなければならない点です。

 

▼イヤホンとケースの重量


  • 『イヤホン1個』:8g

  • 『イヤホン+ケース重量』:89g
あだお
ホールド感が強く装着してる感じがせず、長時間付けてても疲れを感じませんでした。

 

▼ケースの寸法


  • 奥行:3.08cm

  • 横:8.44cm

  • 高さ:3.93cm
あだお
コンパクトで無駄のないデザインです。

 

▼3種類のイヤーチップにより女性、男性問わず耳にしっかりフィットします。

あだお
ちなみに私は標準装備されていた真ん中のMサイズでピッタリでした。

 

▼3種類のスタビライザーで耳のホールド感アップできます

あだお
イヤホンチップと同様に標準で付いているMサイズでピッタリでした。やっぱスタビライザーが付いているイヤホンだとホールド感が高いです。

 

▼充電ケーブル差込口はイヤホンケースの背面にあります

あだお
Androidスマホの充電ケーブルに多いType-AのUSBケーブルです。

 

▼充電中にはイヤホンが赤点灯

あだお
フル充電で青点灯になります。

 

▼イヤホンの点灯の仕方で状態が分かる

電源ON 青点灯
Bluetooth接続中 赤と青が交互に点滅
Bluetooth接続完了 青点滅
バッテリー残が少ない場合 赤点滅
充電中 赤点灯
フル充電完了 青点灯

 

 

 

『JBL REFLECT FLOW』のスペック・特徴

JBL REFLECT FLOW』はランニングやジムでの運動中などアクティブなシーン用に開発された完全ワイヤレスイヤホンです。

 

いちいちイヤホンを取り外すことなく会話をすることができる『トークスルー』機能周囲の環境音を取り込みながら音楽と一緒に聴くことができる『アンビエントウェア』機能が搭載されています。

 

『トークスルー機能』は、音楽が停止されないまま音楽が聞こえなくなり、会話のみ聞き取ることができます。

 

一方、『アンビエントウェア』は音楽が50%くらいの音量に下がり、周囲の音を聞き取ることができる機能です。

 

ボタン1つでシチュエーションに合わせて『トークスルー』と『アンビエントウェア』を使い分けることができる点は、かなり評価ポイントが高いです。

 

あだお
特に『アンビエントウェア』の機能は、かなり明確に周囲の音や話声が聞こえるので、結構満足できるレベルでした。

 

気になる音質については文句なしのクリアな音質かつ重低音好きにはたまらないワイヤレスイヤホンです。

 

あだお
アプリなどでイコライザー調整ができれば、さらに最高でしたね。

 

あだお
汗などが心配なランニングや運動用に使用したい方や重低音を重視する方にピッタリなのが『JBL REFLECT FLOW』完全ワイヤレスイヤホンです。

 

あだお
防水性能IPX7と最強クラスで、音質と高性能を持ち合わせたコスパ最強のワイヤレスイヤホンを販売できるのは最大級のオーディオブランドJBLだからこそ実現できています。

 

他メーカーで重低音好みの方におすすめなのが『SONY(ソニー) WF-XB700』です。

▼『JBL REFLECT FLOW』と価格帯が同じ1万円代なのでぜひチェックしてみてください。

 

製品名 JBL REFLECT FLOW
価格(2020年9月17日現在)Amazon参考 10,200円
音質 重低音重視
機能1 トークスルー(イヤホンを取り外さず会話可能)
機能2 急速充電(約10分充電で約1時間再生可能)
防滴性能 IPX7
接続方式 左右同時伝送方式
ケースサイズ 奥行:3.1 cm , 横:8.4 cm , 高さ:3.9 cm
片耳イヤホン重量 8g
ケース重量 89 g
連続再生時間(ケース込) 約10時間(約30時間)
充電時間 約2時間
音声圧縮変換方式 SBC

 

最強クラスの防水性能IPX7

MEMO

『IPX7』・・・

一時的に一定水圧に水没しても内部に水が浸入することがない防水機能

30分くらいなら水没しても、問題ないレベル。

 

あだお
ある程度の水没には耐えられるものの、常時水に浸かっていても大丈夫ということではないので注意が必要です。

 

ランニングに使用してみた感じでは、スタビライザーがしっかりホールドしてくれて落ちる心配はありません。

 

あだお
汗によって壊れることはないのですが、防水性能が高いため抜け口がなく汗が耳の中に溜まる事も・・・定期的に外して汗を除いてあげた方がいいですね。

 

最強クラスの防水機能が備わっていては重低音の音質にこだわりつつ、コスパに優れているものをお探しなら『JBL REFLECT FLOWを選べば間違いありません。

 

遅延が全くない

 

MEMO

『左右同時伝送方式』・・・

Bluetooth信号を左右のイヤホンがそれぞれ同時に受信する方式。

この方式を採用することで安定したワイヤレス接続性を実現しています。

さらに動画視聴時の映像と音声のずれも軽減できるなくてはならない機能です。

 

従来のリレー伝送方式だと1度片側に伝送してから、もう片方に伝送するのでタイムラグが生じてしまいます。

 

『左右同時伝送方式』なら左右同時に伝送するため、遅延が全く起こらないというわけなのです。

 

あだお
Amazonのレビュー欄には、接続が不安定というレビューがありましたが、私の場合全く途切れたことがありません。

 

もしかすると接続する機器による相性なのかもしれませんね。

 

あだお
Spotify、AmazonプライムミュージックやYoutubeを聞いてみましたが全く遅延が起こりませんでした。

 

急速充電に対応

 

JBL REFLECT FLOW』なら10分間の充電で60分の再生が可能になるクイック充電機能が搭載されています。

 

あだお
充電し忘れても、10分さえ充電すればすぐ使えるのでかなり便利ですよね。

 

『JBL REFLECT FLOW』の良い点・悪い点

良い点

  • 迫力ある重低音サウンド
  • イヤホンを取り外さず会話できる
  • 遅延が全くない
  • 最強クラスIPX7の防水性能
  • 急速充電対応

 

悪い点

  • ボリューム調整や曲戻りは、プレイヤー本体で操作が必要
  • アプリなどでイコライザー調整ができない

 

上記2点の悪い点以外は文句の付けようがない仕上がり。

 

あだお
今後の改善に期待です。もし改善されたら、防水性能・音質・価格の3つとも備わった最強のワイヤレスイヤホンです。

 

 

『JBL REFLECT FLOW』のペアリング方法

JBL REFLECT FLOW』のペアリング(Bluetooth対応機器との接続)方法をご紹介します。

 

step
1
接続する機器で『Bluetooth ON』にしておく

 

step
2
ケースからイヤホンを取り出し電源をONにする

 

あだお
電源が切れている場合、長押しすると電源がONになります。

 

step
3
自動的にペアリングモードになる

ペアリング中(青色)

ペアリング中(赤色)

 

あだお
右イヤホンのインジケーターが青と赤に交互に点灯します。

 

step
4
『JBL REFLECT FLOW』を選択する

すると大き目の音で"トュララン"とBluetoothが接続された電子音が鳴ります。

 

これで接続方法は完了です。

 

1度ペアリングをしていれば、次回からイヤホンをケースから取り出せば自動で接続されます。

 

あだお
全く遅延がないし、接続が途切れることもないので、購入して大満足。

 

▼ちなみにスマホ画面でイヤホン残り充電量が分かります。

あだお
かなり小さくて分かりづらいですが、一応確認できるレベルです。

 

 

『JBL REFLECT FLOW』の装着感と操作方法

3種類(S,M,L)のウィングチップによりかなりホールド感が上がり、女性や男性問わずどんな方でも安定した装着感を味わうことができます。

 

もちろんランニングで使用してもIPX7の防水機能が付いているため、汗で濡れてしまっても安心して使用できます。

 

再生・一時停止・選曲などはJBLのロゴ部分にクリックすることで操作が可能です。

操作方法が以下の通り

再生 右イヤホン1回クリック
一時停止 右イヤホン1回クリック
音量調整 プレイヤー本体にて操作
次の曲に進む 左イヤホン2回タップ
前の曲に戻る プレイヤー本体にて操作
トークスルー⇒アンビエントウェア⇒OFF(元の状態) 左イヤホン1回づつクリックで順番に変わる

 

あだお
ボリューム調整や曲戻りは、プレイヤー本体で操作が必要な点は、すべてイヤホン本体で操作できるように改善が必要ですね。

 

あだお
タッチ式だと触れていないと思っても誤操作されてしまったりするのですが、ボタン式ならしっかりボタンを押さないと反応しないので誤動作は全くありませんよ。

 

あだお
個人的にやっぱりボタン式のアナログ派ですね。

 

 

 

『JBL REFLECT FLOW』完全ワイヤレスイヤホンレビュー<<まとめ>>

いかがでしたでしょうか。

 

イヤホンを取り外すことなく会話をすることができる『トークスルー』機能やアンビエントウェアの機能をシーンに合わせて使い分けることができる完全ワイヤレスイヤホンでした。

 

汗などが心配なランニングや運動用に使用したい方重低音を重視する方にピッタリなのが『JBL REFLECT FLOW完全ワイヤレスイヤホンです。

 

防水性能IPX7と最強クラスで、音質と高性能を持ち合わせたコスパ最強のワイヤレスイヤホンをお探しの方はぜひ試してみてください。

 

以上、あだお(@adaoblog)でした。

 

◆『JBL REFLECT FLOW』の評価◆
音質:重低音重視(4.5)
連続再生:30時間(4.5)
音声操作:ボタン式(3.5)
防水性能:最強クラスIPX7(5.0)
総合評価(4.0)

 

▼今回紹介した商品▼

▼『JBL REFLECT FLOW』カラー4色展開(ブラック・グリーン・ティール・ブルー)

 

-ガジェット
-, , , , , , , ,

Copyright© あだおブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.