サーフィン

【サーフィン必須アイテム】リーシュコードの選び方とおすすめメーカーを紹介

リーシュコードを選びたいけど、メーカーや種類が多くてどれを購入すれば良いのか分からない方向けに書いた記事になります。

この記事を読むことで、リーシュコードの知識や選び方を理解することができます。

 

 

リーシュコードとは?

リーシュコードは、サーフボードが自分の体から離れていかないようにするためのものです。

自分の命を守る命綱でもあり、近くにいるサーファーにボードがぶつかりにくくなるメリットがあります。

 

リーシュコードを付けていないと起こる危険

  • 波にのまれて、カレントに流されて溺れてしまう
  • ボードが波の勢いで近くにいる人に当たりケガをさせる

 

たまに、リーシュコードをしていない人も見かけますが、安全にサーフィンを行うためのマナーです。

 

必ずリーシュコードをしましょう。

 

リーシュコードの選び方

リーシュコードを選ぶポイントは3つ

①波の大きさ

②サーフボードの長さ

③海底の環境

 

波の大きさ

 

波のサイズに比例して、太さを大きくしていくのが一般的です。

通常であれば、5mm~7mmのサイズ展開がされています。日本の波サイズであれば、リーシュコードの太さが7mmをおすすめします。

 

膝~頭までの波サイズであれば、5mm6mmでも大丈夫です。

しかし、頭~ダブルの波サイズになると7mmの太さのリーシュコードを選んでおいた方が安全です。

 

穏やかな波の日だけでなく台風により発生した大きな波の日にもサーフィンをされる方は、どちらのコンディションでも使用できる7mmを選んでおいた方が良いと思います。

あと不意に切れてしまうとその後のサーフィンをできなくなるので、常に予備のリーシュコードも用意しておいた方が良いです。

 

サーフボードの長さ

 

次は自分のサーフボードの長さを把握しましょう。

例えば、サーフボードの長さが6フィートのショートボードであれば、6フィートのリーシュコードを選びましょう。

 

9フィートのロングボードであれば、9フィートのリーシュコードを選びましょう。

サーフボードの長さとリーシュコードの長さを同じにすれば良いということになります。

 

好みに応じて、若干長めにしたり、短くしたりしてもOKです。

 

サーフボードの大きさの目安

  • ショートボード:6~7フィート
  • ファンボード:7~8フィート
  • ロングボード:9~10フィート

 

海底環境

海底の環境に応じて、リーシュコードの太さを変える必要があります。

普段サーフィンを行うポイントがビーチスポットであれば、7mm以下でも十分です。

しかし、海底が岩場のリーフスポットに行く際には、岩に擦れてリーシュコードが切れやすいので、7mm以上のものを選びましょう。

 

リーシュコードおすすめメーカー

ショートボード用

クリエイチャー(CREATURE)6フィート

 

ファンボード用

クリエイチャー(CREATURE)7~8フィート

 

ロングボード用

クリエイチャー(CREATURE)9フィート

 

手入れ方法と保管方法

海水で使用した後は、真水で洗ってあげましょう。

特に金属部分が錆びやすいので、重点的に洗ってあげることで長持ちさせることができます。

 

燥させる時は、必ず日陰で行うようにしましょう。

直接日光が当たってしまうと、紫外線によりゴムが劣化してしまいます。

 

保管する場所も同様に日陰である方が良いです。

リーシュコードは、ボードに巻きつけたり、丸めたりしないようしましょう。

 

巻き癖が付くと、リーシュコードが足に絡みやすくなるため、真っ直ぐに吊るして保管するのがベストです。

 

使用前後の点検箇所

 

リーシュコードの寿命は、使用回数や保管環境によって異なりますが、3~5年と言われています。

可能であれば、年に1回買い換えることをおすすめします。

 

使用前後の点検箇所は、『金属のジョイント部分』『リーシュコードの付け根部分』『コード部分』です。

金属のジョイント部分が錆で回転しなくなったり、紫外線などによりコード部分に亀裂や傷が発生していたら交換するサインになります。

 

細めな点検をすることで、危険を回避しましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

リーシュコードを選ぶポイントやその後の手入れ方法などについて紹介しました。

 

自分に合ったリーシュコードを選んで、安全にサーフィンを楽しんでください。

以上、参考になれば、幸いです。

 

-サーフィン
-, , ,

Copyright© あだおブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.