ガジェット

【ロジクールG703hレビュー】おすすめゲーミングマウスの紹介

あだこ
ロジクールG703h』がどんなマウスか知りたいな。

あとワイヤレスマウスだから遅延はないの?有線の方がいいのでは?

 

あだお
そんな疑問を持つ方に『ロジクールG703h』を使用した感想とメリット・デメリットについてご紹介します。

 

ロジクール社の『G703hはマジでスゴイです!!

 

あだおブログでは、メリットだけでなく、デメリットも紹介しているのですが・・・

 

『何一つデメリットが見つからない』という結果になりました。

 

簡潔にまとめると遅延なし・軽い・コスパが高いの3つ特徴です。

 

G703hはこんな方におすすめ

  • 軽量なワイヤレスマウスが欲しい人
  • 高性能で価格を抑えたい人
  • FPS入門向けのゲーミングマウスが欲しい人

 

デメリットがないという点からロジクールG703hを購入しても後悔することはないでしょう。

 

FPS入門用として選ぶなら間違いないゲーミングマウスです。

 

 

ワイヤレスマウスを購入する時の不安ポイント

あだお
ワイヤレスマウスってこのような不安ってありませんか?

 

不安ポイント

  • 有線と比較して遅延が発生する
  • バッテリーを搭載しているので重たい
  • 充電をするのが面倒

 

私も最初ワイヤレスマウスの購入を考えている時に、上記のような不安がありました。

 

しかし、『ロジクールG703h』を実際に購入してみたところ一気にワイヤレスマウスの印象ガラッと変わったのです。

 

読み進めていくと、ワイヤレスマウスの不安ポイントが解消されていきます。

 

まず1つ目は、ロジクール社が開発したLightsppedというテクノロジーです。

 

ロジクール社のLightspeedテクノロジーが凄すぎる!

Lighspeedは、1msの超高速なレポートレートを実現できます。

 

レポートレートとは、1秒間に何回PCからマウスにデータを送信しているかを表しています。

 

FPSのゲームであれば、やられるかやるかの世界でコンマ1秒でも早く反応するマウスが勝負を分けることもあります。

 

つまり、レポートレートが高速であれば、早く反応して照準を合わせられるので、勝てる確率も上がるということです。

 

Lightspeedを採用したマウスは有線よりも高速なので、コードが邪魔な有線をわざわざ選ぶ理由はなくなりますよね。

 

Bluetoothマウスによくある途切れなどが全く起こらず、ストレスフリーで最高に気に入ってます。

 

今、有線を使用している方やBluetoothマウスワイヤレスマウスを使用されている方にもぜひ一度体感すればハマること間違いありません。

 

『ロジクールG703h』のスペック

G703h
センサー HERO16K
DPI 100~16000
連続使用時間 ライトニングあり:35時間、ライトニングなし:60時間
本体重量(g) 95.3
価格(円)※Amazon参考(2019年2月18日) 7,900

DPIとは、マウスを1インチ動かした時、画面上でカーソルがどれだけ動くかを表しています。

 

つまりDPIが高いほど、少しマウスを動かしただけで大きくカーソルが動かすことができます。

 

 

▼不安ポイントが解消されました。

長時間バッテリー搭載

連続使用時間は、なんとライトニングなしで60時間も連続使用することができます!

 

フル充電しておけば1日3時間使用しても、20日間充電なしで使用できるので、充電が面倒な方も問題ないと思います。

 

『POWERPLAY』を使えば無限にプレイ可能

1ヶ月に1度の充電すらしたくない、面倒だ!という方におすすめするのがPOWERPLAYというロジクールのマウスパッドです。

 

この上にマウスを置いて使用すれば、自動で充電されるのでコードに接続して充電することがなくなります。

 

手間が省けるので魅力的なのですが、価格が約18,000円と高いので少し残念です。

 

興味のある方は購入してみてください。

 

軽量化されたワイヤレスゲーミングマウス

マウスの本体重量に関して言えば、軽量な有線マウス並です。

 

バッテリーを搭載しているのに、100gを切る95.3gかなり軽量なマウスの部類に入ると思います。

 

逆に軽すぎると感じる方には、付属品に10gのおもりがありますので調整してみてください。

 

▼裏の蓋に装着できます。

 

『ロジクールG703h』外観

※表面

※裏面

※側面

 

『ロジクールG703h』付属品一覧

付属品一覧

  • 充電ケーブル2m
  • ワイヤレスUSBレシーバー
  • 延長アダプタ
  • 10gのおもり
  • クイックスターターガイド
  • ロジクールステッカー
  • 保証書

 

『ロジクールG703h』握りやすさについて

普段私はこんな感じで、かぶせ持ちで使用していますが、ものすごくしっくりきます。

 

人工工学に基づいているためか、自然に手にフィットしてくれるデザインになっています。

 

サイド部分にはラバー素材のものが採用されています。

 

ベタつくようなラバー素材ではなく、少し硬めの素材ですね。

 

手にしっくりくる一番の要因がこのサイドのくぼみ具合だと思います。

 

絶妙なくぼみのバランスが超絶な握りやすさを実現していると感じました。

 

いくつかマウスを使用しているのですが、G703hを使い始めてこれしか使わなくなりました。

 

『ロジクールG703h』のソフトウエアについて

『ロジクール公式サイト』でダウンロードしましょう。

 

ソフトウエアで以下の設定を細かく変更することができます。

 

設定できる項目

  • LEDカラー変更
  • ボタン割当て(オンボード機能)
  • DPI変更(100~16000)
  • レポートレート変更

 

『ロジクールG703h』のメリット

G703h』は、メリット尽くしのゲーミングマウスです。

 

遅延が発生しない、長時間使用できるバッテリー搭載、握りやすい、軽量、価格が抑えられているとこれ以上メリットの揃ったゲーミングマウスは存在しないと思います。

 

不安ポイントが逆にメリットになっているので、ロジクール信者でなくても気に入ること間違いありません。

メリット5つ

  • 有線より超高速で遅延なし
  • 長時間バッテリー搭載
  • 自然に手にフィットして握りやすい
  • 軽量
  • コスパ高

 

『ロジクールG703h』のデメリット

冒頭で何一つデメリットがないことをお話しました。

 

あえて挙げるのであれば、現在ワイヤレスマウスや有線マウスを使用されている方が、『G703h』を購入する場合には価格が少し高く感じるかもしれません。

 

しかし、ゲーミングマウスの中で考えれば『G703h』がいかに価格が抑えられているかわかると思います。

 

Lightspeedのテクノロジーが搭載されているマウスは、『G Proや『G903hなどがありますが価格は全て1万円を余裕で超しています。

 

機能面や価格を考慮された最強のゲーミングマウスと言えるでしょう。

 

『ロジクールG703hレビュー』おすすめゲーミングマウスの紹介<<まとめ>>

いかかでしたでしょうか?

 

実際に使用して『ロジクールG703h』がコスパの高いメリット尽くしのゲーミングマウスであることがわかりました。

 

これ以上にないハイエンド性能かつコスパが高い商品と言えるでしょう。

 

ストレスフリーで快適なゲーム環境を整えるアイテムを求めるなら『G703hで決まりです。

 

あなたのデスクPC周りを快適なゲーム環境を整えていきましょう。

 

今回紹介した商品

▼ロジクールG703h

▼ロジクールマウスパッド『POWERPLAY』

 

-ガジェット
-, , , ,

Copyright© あだおブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.