サーフィン

道具で上達するサーフボードの種類と選び方!初心者が気になるポイント解説

 

この記事を読んでいる方は以下の悩みをお持ちだと思います。

  • サーフボードを購入したいけど、どれを選ぶべきかわからない
  • サーフボードをすでに持っているけど、もっと上達したい

 

ここではサーフィンを早く上達するためのサーフボードの選び方をご紹介します。

 

サーフボードの選び方で上達するスピードが変わりますので、自分に合ったサーフボードをしっかり選んでおきましょう。

 

初心者が手を出しやすい価格に抑えつつ丈夫な素材であるエポキシ樹脂を使用したサーフボードブランドを最後にご紹介しています。

 

サーフボードのイメージ動画も添付しておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

道具で上達するサーフボードの種類と選び方!初心者が気になるポイント解説

初めに自分がカッコイイ想像するサーフィンのシーンやスタイルを思い浮かべてください。

 

『機敏かつダイナミックなショートボード』『ゆったりとリラックスして優雅に波乗るロングボード』あなたはどんなサーフィンをしたいですか?

 

しかし、どんなにカッコイイと想像するシーンを求めてサーフボードを選んでも、波に乗れないと楽しくないですよね。

 

ず波に乗れるようになってから、なりたいスタイルを目指していくことが上達の近道になります。

 

そのため、できる限り楽に、周りのサーファーより有利になるサーフボードを選ぶ必要があります。

 

特に初心者は、技術面が不十分な分、道具に頼ることでカバーしましょう。

 

サーフボードの種類

ボードの種類①:ショートボード

最もボードが短く、軽量なため、取り扱いが容易であるのが、ショートボードになります。

 

荷物を多く積めるワゴン車でなくても、ショートボードなら積み込むことができる車種が増えるのもメリットの1つです。

 

ショートボードを初心者が始めるには難しいとされる理由は、ボードの浮力が小さいため、パドリング時のスピードが上がらず、テイクオフができない場合がほとんどです。

 

これを解決するには、高いパドリング力(漕ぐ力)が必要になります。

 

根性と練習でパドル力をつけるか浮力の大きいボードに乗り換えなければ、純粋にサーフィンを楽しむことができないでしょう。

 

初心者でも体力とセンスのある方なら最初から乗りこなせるかもしれません。

 

ショートボードの特徴

  • 浮力、安定感が少なく、初心者には難しい
  • ボードがクイックに動かしやすく、機敏性が高い
  • 最も短く軽量なため、持ち運びと保管がしやすい

 

ボードの種類②:ロングボード

ロングボードは、9フィート以上の長さのあるサーフボードで、ほかのボードより厚みと面積が大きいため、直進安定性浮力が大きいのが特徴の1つです。

 

パドリングに自信がない初心者がサーフィンを始める際の最初のボードに最も適しています

 

ロングボードから始めるメリットとして、高い浮力のおかげで波に乗る回数が増え、最短で上達しやすいです。

 

特に週末サーファーや月1サーファーの方にならロングボードを選んでおけば間違いありません。

 

ただ、ショートボードに比べると、大きさや長さがあるため、ある程度の保管場所が必要な点がデメリットでもあります。

 

持ち運びや保管場所をクリアできる方は、ロングボードの購入が最も良い選択です。

 

ロングボードの特徴

  • ボードに厚みがあり、浮力が高いためテイクオフが容易
  • 初心者や週末サーファーに適している
  • ショートボードができない小波のコンディションでもサーフィンができる
  • 長さや重量があり、保管場所の確保が必要

 

ボードの種類③:ファンボード(ミッドレングス)

ファンボードは、ロングボードとショートボードの中間の長さのボードになります。

 

明確な基準はありませんが、6'5から8フィートほどの長さが一般的で、ロングボードほど浮力はありませんが幅広く、丸みを帯びたデザインが特徴です。

 

いずれショートボードに移行したいと思っている方にピッタリです。

 

ロングボードをすでに持っていて、ファンボードの方が長さが短いのでターンがしやすく、これからターンを練習したい方にもおすすめです。

 

ファンボードの特徴

  • ショートボードよりボードの長さや厚みがあり、直進安定性が高い
  • 浮力、安定感があり、初心者向け
  • ロングボードよりターンがしやすい
  • 波のコンディションを選ばず、サーフィンができる

 

ボードの種類④:ソフトボード

よくサーフィンスクールに用いられるソフトボードですが、最近、ソフトボードを乗って楽しむ中・上級者が増えてきました。

 

その理由は、長さの割に厚みがあって、ボリュームがあるのでテイクオフが早く・楽にすることができます。

 

ショートボードのようにスピードを付ける必要がなく、ロングボードのようにノーズを狙わなくても、真っ直ぐ立っているだけで純粋にサーフィンを楽しむことができるのがソフトボードの魅力です。

 

最近では、ワックス不要のボードが登場しており、ボード表面にザラザラした滑り止め加工がされています。

 

初心者問わず、上級者まで楽にサーフィンを楽しむことができるので、失敗することはないでしょう

 

しかし、デメリットもありましてスポンジに厚さがある分、力が伝わりにくくターンが機敏に出来なくなる場合があります。

 

デメリットも理解した上で購入を検討しましょう。

 

ソフトボードの特徴

  • 軽くて浮力が大きいため、安定感がある
  • テイクオフの回数が増え、初心者向き
  • スポンジの厚みにより、力が伝わりにくく、ターンが重たくなる

 

始めたての頃はほとんど波に乗れない日があると思います。

 

その原因の1つとして、パドル力が不足しているため、波のスピードに合わせることができず、思うようなサーフィンができないことがあります

 

多く乗らなければ、上達することは絶対にありません。

 

ドル力や技術面でカバーできるロングボードやファンボードを選んでサーフィンライフを楽しみましょう。

 

ボードの素材について

素材①

エポキシ樹脂(EPS)

出典:Amazon

EPSのサーフボードは、ポリスチレンの発砲フォームをガラスクロスに巻いて、エポキシ樹脂で固めたサーフボードです。

 

特徴は、丈夫で長持ちすることに加え、軽量テイクオフがやりやすくなるボードです。

 

車からサーフボードを降ろす時、コンクリートにぶつけても簡単には壊れません。

 

PUのサーフボードは、波に飲まれて肘や足に当たると、簡単に凹んでしまいますが、EPS(エポキシ)であれば、よほど大きな波でない限りその心配はありません。

 

PUのサーフボードを初めに選ぶと頻繁に修理代もしくは買い替えが必要になるので、必ず初心者はEPS(エポキシ)のサーフボードを選びましょう。

 

最近では、EPSボードにストリンガーに沿ってカーボンストリップを導入することにより、フレックス性(しなり)を良くしたサーフボードも登場してきています。

 

メリット

  • 強度(硬さ)が高いため、PUより壊れにくい
  • PU(ポリウレタン)よりも軽いため、持ち運びが楽
  • スピードが出やすい
  • 軽量なため、ボードを動かしやすい

 

デメリット

  • 高温の熱に弱い
  • 軽量な分ボードがしならないため、大きなターンが難しい
  • リペア代がPUより高い

 

素材②

ポリウレタン(PU)

PUのサーフボードは、ポリスチレンの発砲フォームにガラスクロスを巻いて、レジンで固めたサーフボードです。

 

少し前まで最も一般的なサーフボードの素材として使用されていました。

 

最近では、EPSを選ぶ人も多くなってきましたが、中・上級者になってパフォーマンスを追求してくると、しなりが少ないためターンの伸びが減ってしまいます。

 

しかし、その違いもサーフィンを楽しむレベルであれば、ほとんど分からないくらいです。

 

パフォーマンスを追求したい中・上級者向けのボードになります。

 

メリット

  • 加工しやすく、オーダーしてから納期が早い
  • 比較的価格が安い
  • 適度なしなりがあり、大きなターンがしやすい

 

デメリット

  • 肘や膝が当たると、ヒビが入り壊れやすい
  • EPSと比較すると重たい

 

 

素材③

カーボン

出典:Murasakisports

 

軽さ、フレックス性(柔軟性)、強度のすべてに優れたカーボン素材のサーフボードになります。

 

F1やスペースシャトルにも採用されるなど、強度が高く、軽量なのが特徴です。

 

フルカーボンのサーフボードは、EPSよりも軽量かつ高反発でかなりテイクオフが早い素材になります。

 

ボード上部にEPS、レールとボトムにカーボンを組み合わせたボードも存在し、価格は20万超えと高額ですが、満足感が高いのは間違いないでしょう。

 

ゆとりのある方は、ぜひ試してみてください。

 

メリット

  • 軽量なため、持ち運びが楽
  • 強度が高いので、長持ちする
  • フレックス性が高いので、ターンがしやすい

 

デメリット

  • 価格が高い

 

サーフボードを選ぶポイント

ポイント①:寸法

ショートボードを選ぶ基準として、身長+10cmと言われていますが、初心者は+20~25cmのものを選びましょう。

 

ボードが長く、厚みがあるほど安定して乗りやすいです。

 

ファンボードやロングボードは、できる限り浮力が高いものを選びましょう。

 

浮力は、ボードの長さと厚みで決定されます。

 

長さが11フィート以上になると持ち運びやボードの取り回し難しくなるので、9フィートまたは10フィートまでの長さとしておくのが良いです。

 

ポイント②:ボリューム

出典:Amazon

 

できる限りボリューム(浮力)の大きいボードを選びましょう。

 

浮力の大きいボードに乗ることで、パドリング時にスピードが出やすく、テイクオフがしやすくなります。

 

波に乗れる回数が増えるので、上達するスピードも早くなります。

 

体重の軽い方や中・上級者の方は、ボリュームが小さい方が良いでしょう。

 

ポイント③:レール

出典:amazon

 

レールは、サーフボードのエッジ部分のことです。

 

エッジが効いているとボードの反応が良く、ターンが決めやすくなります。

 

もし初めてショートボードを選ぶ際には、丸みを帯びたレールのものを選びましょう。

 

ポイント④:ロッカー

ロッカー(反り)が大きいサーフボードは、掘れた波でもノーズが刺さることが少なくなり、ターンが容易になります。

 

しかし、日本のような波にパワーの無いところで、ロッカーの大きいサーフボードを使用すると、波との接触面積が少なくなり、スピードが出ず波に乗ることが難しくなります。

 

ノーズとテールのロッカーは、ローからミドルくらいのものを選びましょう。

 

ポイント⑤:アウトライン

 

サーフボードの輪郭(アウトライン)になります。

 

アウトラインが真っ直ぐであれば、直進スピードが早くなりますが、ターンすることが難しくなります。

 

一方、アウトラインがカーブしているほど、ターンがやりやすくなります。

 

ポイント⑥:ボトム

出典:NALU

 

ボトムは、サーフボードの底面のことです。

 

ボトムのコンケーブは、水流が通る道でありシングルコンケーブ、ダブルコンケーブ、ビーボトム、チャンネルボトムと様々な種類があり、ボトムの形状によって、得られる利点が異なります。

 

波の小さいときには、シングルコンケーブからダブルコンケーブに変わるサーフボードを選びましょう。

 

水流が大きな1本道から小さな2本道に別れた時、水流の勢いが増すため、揚力が発生しやすくなるので、スピードが出やすくなります。

 

特に初心者は、波がそこまで大きくない日に行くと思いますので、シングルからダブルをおすすめします。

 

ポイント⑦:テール

出典:NALU

 

テールとは、サーフボードの後方部分です。

 

テールの形は、スワロー、スカッシュ、フィッシュ、ラウンド、ラウンドピンと様々存在して、それぞれ乗り味が異なってきます。

 

テイクオフをしやすく、幅広で安定しているデザインは、スカッシュまたはラウンド、組み合わせたラウンドスカッシュでしょう。

 

掘れた波では、ラウンドピン、敏感でキレのあるターンが可能になるスワローなど、デメリットを補うことができるデザインを選びましょう。

 

 

初心者におすすめサーフボードはどれ?

 

軽量で頑丈なEPSのサーフボードを選びましょう。

 

最近では、型による大量生産できるようになったため、EPSのサーフボードを10万円を切る低価格で購入することができます。

 

特に『Torq(トルク)』のサーフボードは、EPSサーフボードを生産しているメーカーの中でサイズバリエーション、モデル数がかなり多く自分にピッタリのボードを見つけることができます。

 

価格を抑えつつ、丈夫で長持ちする初心者向けのサーフボードを紹介します。

 

おすすめサーフボード①:Torq SUMMER5

 

ノーズとテールに幅を持たせているためテイクオフが早く初めてショートボードを始める方やロングボードからショートボードに乗り換えようと考えてる方におすすめです。

 

カーボンストリップがノーズから前足辺りまで入っているので、フレックス性を上げているモデルになります。

 

Futuresフィンボックスで、Quad(4フィン)またはThruster(2フィン+1フィン)としても乗ることができます。

 

 

おすすめサーフボード②:Torq Channel Islans POD MOD

 

上記と同じくテイクオフが早いショートボードになります。

 

こちらは、波を多くキャッチするために、幅広に設計され、パフォーマンスも犠牲したくないサーファーのために開発されたサーフボードになります。

 

有名メーカーのチャンネルアイランドのメインシェイパーのアルメリックがデザインしたボードであり、乗りやすくて話題となっているボードです。

 

初心者から上級者まで幅広く楽しめるボードになります。

 

 

おすすめサーフボード③:Torq TET Longboard

 

十分な浮力を持たせているため、ロングボードが欲しい方なら選んで間違いのないボードです。

 

これ以上乗りやすいボードがないのではないかと思わせるボードだと思います。

 

センターフィン1枚とサイドフィン2枚が付属でついてあるので、ボードだけ購入すればすぐ使用できる点が嬉しいです。

 

Futureフィンボックスで、Future製のフィンであれば、フィンを取り換えることが可能です。

 

 

おすすめサーフボード④:Torq SOFT DECK

 

EPS(エポキシ樹脂)でラミネートした上にソフトフォームを張り合わせたハイブリッドロングボードになります。

 

EPSの強度の高さとソフトフォームによる浮力向上で初心者には最強のボードです。

 

上記のロングボードよりもソフトフォームをラミネートしている分、浮力(ボリューム)が大きくなっています。

 

パドルして立ち上がることが最も簡単なボードです。

 

 

おすすめサーフボード⑤:Torq TETb CS

 

丈夫で軽量な十分に浮力を持たせたファンボードです。

 

センターのストリンガーに沿ってカーボンストリップを導入しているので、軽くて反応が良いボードです。

 

ショートボーダーで波が小さい時やロングボーダーで波のサイズがある時などに使用でき、対応できるコンディションが多いのも特徴です。

 

いずれショートボードに移行する予定の初心者にもおすすめです。

 

 

おすすめサーフボード⑥:Torq TEC HORSESHOE

 

クラシックなデザインでありながら、ノースライディングの安定性が高く、トリミングやターンなど楽にできるボードになります。

 

軽くてよく曲がるロングボードが欲しい方におすすめです。

 

EPS製のボードは、長持ちするので最終的にノーズライディングもターンもできるようになることを前提に購入するのもありです。

 

こちらもセンターにカーボンストリップが導入されているので、フレックス性(しなり)が高いです。

 

 

道具で上達するサーフボードの種類と選び方!初心者が気になるポイント解説<<まとめ>>

いかがだったでしょうか。

 

サーフィンが早く上達するためのサーフボードの選び方丈夫な素材のエポキシ樹脂を使用したおすすめサーフボードをご紹介しました。

 

最近では、かなりコスパの高いサーフボードを販売しているメーカーが出てきました。

 

ーダーメイドだから良いボードではなく、汎用品でも良いボードはたくさん販売してあります。

 

初はボードの扱い方が分からず痛みやすいので、丈夫なボードを選びましょう。

 

脱初心者、早く上達してサーフィンライフを満喫しましょう。

 

今回紹介した商品▼

▼Torq SUMMER5

 

▼Torq Channel Islans POD MOD

 

▼Torq TET Longboard

 

▼Torq SOFT DECK

 

▼Torq TETb CS

 

▼Torq TEC HORSESHOE

 

 

 

-サーフィン
-, , , ,

Copyright© あだおブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.