ガジェット

【1万円台前後ならこれ!】実際に使用した中でおすすめする完全ワイヤレスイヤホン【レビューまとめ】

あだお
どうも、ガジェットマニアのあだお(@adaoblog)です。

 

ワイヤレスイヤホンってメーカーや種類がいっぱいあってどれを選べばいいか困りますよね・・・

 

あだお
私も最初はどれを選べばいいのかわからず、とりあえず安い5千円台のワイヤレスイヤホンを購入して音切れや接続が酷くて失敗した経験があります。

 

そんな失敗を誰もしてほしくないので、実際に使用してみて満足感が高かったワイヤレスイヤホンをご紹介しま

 

この記事は、以下のような方に向けて作成しています。

  • 有線イヤホンを使用していてワイヤレスイヤホンを探している方
  • 初めてワイヤレスイヤホンを購入しようとしていて失敗したくない方
  • 1万円台前後でワイヤレスイヤホンを探されている方

 

今回ご紹介するイヤホンは、ノイズキャンセリング機能ハイレゾなどの高機能付きのワイヤレスイヤホンではありません。

 

上記の機能が付いたものを選ぶなら最低でも2万円くらいは見ておいた方がいいでしょう。

 

あだお
個人的にノイズキャンセリング機能が無くても良くて、カナル型イヤホンであれば十分に外部の音を遮断してくれますからね。

 

▼カナル型とは耳の奥までスポッと入るイヤホンのこと

ちなみに有名なAir Podsはカナル型ではありません。

 

あだお
それでは、実際に購入して試した1万円台前後でおすすめする完全ワイヤレスイヤホンをご覧ください。

 

◆おすすめワイヤレスイヤホン◆ 

 

SONY(ソニー) WF-XB700

SONYからエントリーモデルに位置する最も安く購入できるWF-XB700フルワイヤレスイヤホンです。

 

音質にこだわる方ならSONYが気になりますよね。

 

実際に音質を確認してみると、エントリーモデルなのにクオリティーが高過ぎて絶対満足するレベル!!

 

特に重低音を重視する方はこれ一択ですね。

 

▼テーブルに置いてみると斜めになっているため、イヤホンが取り出しやすい。

 

▼左側が青、右側が赤と色分けして表示してくれているので収納する時にわかりやすい。

 

▼マグネットが付いていて、イヤホンをケースの収納付近まで近づけるとスポッと吸い込まれます。

あだお
さすが日本メーカーなので、使いやすく細かな点が配慮されています。

 

特徴

  • 重低音を重視したクリアな音質
  • 遅延が全くない
  • シンプルなボタンで操作簡単
  • 4種類のイヤーピースにより安定した装着感
  • クイック充電対応
  • コンパクトで持ち運びやすい

 

▼着用した感じ

大きさは割と大きめですが、4種類(SS,S,M,L)のイヤーピースが付属しているため、どんな方でも安定した装着感を味わうことができます。

 

再生・一時停止・選曲などはイヤホン本体のボタンで操作が可能です。

操作方法が以下の通り

右イヤホンの操作方法

  • 再生/一時停止:ボタンを1回押す
  • 次の曲へ:素早く2回押す
  • 前の曲へ戻る:素早く3回押す

 

右イヤホンの操作方法

  • 音量を上げる:1回押すと1ステップ上がる
  • 音量を下げる:長押しで連続して下がる

 

あだお
タッチ式のワイヤレスイヤホンが増えている中、ボタン式であることが嬉しいポイントです。

 

タッチ式だと触れていないと思っても誤操作されてしまったりするので、好きでない方もいると思います。

 

圧倒的な迫力のある重低音クリアな音質を求めるなら『SONY(ソニー) WF-XB700』が間違いありません。

 

◆『SONY(ソニー) WF-XB700』の評価◆
音質:重低音重視(5.0)
連続再生:18時間(4.0)
音声操作:シンプルなボタン操作(5.0)
防水性能:日常生活に十分なIPX4(3.0)
総合評価(4.5)

 

 

 

【SONY WF-XB700レビュー】重低音の音質にこだわったソニーフルワイヤレスイヤホン【IPX4防水機能付・長時間バッテリー搭載】

続きを見る

 

JBL LIVE300TWS

 

アメリカ・カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド"JBL"が販売している『JBL LIVE300TWS 完全ワイヤレスイヤホンです。

 

特に重低音の音質にこだわったSONYBOSEとよく比較されますので、"JBL"の完全ワイヤレスイヤホンがどんな性能や特徴があるのか気になりますよね。

 

▼手のひらサイズでコンパクト

あだお
丸みの帯びていてツルツルした質感ですが、指紋が付きにくいです。

 

▼高級感ある色合い

あだお
カラーがブラックなんですが光沢があり、メタリックブラックのような高級感のある色合いになってます。
あだお
フロントにJBLのロゴが彫刻されててカッコイイ!!

 

▼すべての操作がJBLのロゴ部分にタッチするとできます

あだお
JBL専用アプリ『JBL Haedphones』でイコライザー調整や再生、音量調整などの操作方法の設定が可能です。

 

外部の音を聞きたいときは、トークスルー機能をONにするとしっかり聞くことができます。

 

JBL LIVE300TWS 』は、防水機能が高いIPX5を採用し、"JBL"専用アプリを使用すれば、自分好みのイコライザー調整が可能になります。

 

1万円弱でイコライザー調整ができるワイヤレスイヤホンってなかなか無いんですよ。

 

再生・一時停止・選曲などはJBLのロゴ部分にタッチすることで操作が可能です。

操作方法が以下の通り

再生 右イヤホン1回タップ
一時停止 右イヤホン1回タップ
音量を上げる 右イヤホン前方スワイプ
音量を下げる 右イヤホン後方スワイプ
次の曲に進む 右イヤホン2回タップ
前の曲に戻る 右イヤホン3回タップ
トークスルーまたはアンビエントウェア ON/OFF 左イヤホン前方にスワイプ

※トークスルーやアンビエントウェアはアプリで設定が必要

 

あだお
タッチ式だと触れていないと思っても誤操作されてしまったりするので、好きでなかったのですがタッチセンサーの感度が良くて誤作動がほとんどありません。

 

3種類(S,M,L)のウィングチップによりかなりホールド感が上がり、女性や男性問わずどんな方でも安定した装着感を味わうことができます。

 

ウィングチップなしもあるので耳の小さい方でもピッタリな調整ができますよ。

 

あだお
1万円弱で高機能・高音質・コスパ高なワイヤレスイヤホンを販売できるのは最大級のオーディオブランドJBLだからこそ実現できています。

 

重低音好きやイコライザーを調整して自分好みの音にしたい方におすすめなのがJBL LIVE300TWS 』完全ワイヤレスイヤホンです。

 

◆『JBL LIVE300TWS』の評価◆
音質:カスタマイズ可能な重低音重視(5.0)
連続再生:20時間(4.0)
音声操作:高感度タッチセンサー式(4.5)
防水性能:日常生活に十分なIPX5(4.0)
総合評価(4.5)

 

 

 

【JBL LIVE300TWSレビュー】イコライザー調整で自分好みにチューニングできる完全ワイヤレスイヤホン【コスパ最強】

続きを見る

 

AVIOT(アビオット) TE-D01d mk2

日本発のビジュアルオーディオブランド"AVIOT(アビオット)"の『TE-D01d mk2完全ワイヤレスイヤホンです。

 

TE-D01d mk2は、空前の大ヒットモデルとなった『TE-D01d』をブラッシュアップした後継モデルとして発売されています。

 

"AVIOT"のワイヤレスイヤホンは、プロのアーティストの意見を取り入れて日本人の聴覚に合わせた徹底したチューニングを施し、まるでライブを聴いているような音質を体感できます。

 

大容量バッテリー搭載によりイヤホンを10回充電が可能、スマホを充電するモバイルバッテリー変わりにもなるので、もう重たいモバイルバッテリーを持ち運ぶ必要もありません。

 

特徴

  • バランスの取れた音質でライブを聴いているようなサウンド
  • イヤホンを取り外さず会話できる
  • 120時間連続再生の長時間バッテリー搭載
  • 自分好みの音にイコライザー調整ができる
  • 高級感あるデザイン
  • Qi充電対応

 

▼大容量バッテリーを搭載しているため充電ケースのサイズが少し大きめ

あだお
ケースが大きめですが、モバイルバッテリー変わりにもなるのでこれ1つで持ち運びOK。

 

▼まるで高級車のような上質なレッド

あだお
ブラック、ネイビー、レッドの3色展開。レッドが一番高級感があるので、男女問わずレッドをおすすめ。
あだお
フタ部分が光沢感のあるメタリック色、ボディがマッドなレッドで人目を惹くデザインです。

 

▼ロゴ部分をタッチすることで再生・選曲などの操作が可能

▼着用した感じ

イヤホン自体が大きめなのですが2種類のウィングチップによりかなりホールド感が上がり、女性や男性問わずどんな方でも安定した装着感を味わうことができます。

 

再生・一時停止・選曲などはロゴ部分にタッチすることで操作が可能です。

操作方法が以下の通り

再生 右か左1回タップ
一時停止 右か左1回タップ
音量を上げる 左イヤホン3回タップ
音量を下げる 左イヤホン2回タップ
次の曲に進む 右イヤホン2回タップ
前の曲に戻る 右イヤホン3回タップ
アンビエントウェア ON/OFF 左ボタンクリック(音量低下)or右ボタンクリック(音楽停止)

 

イヤホンを取り外さずに会話できるアンビエントマイクを搭載、専用アプリの使用でイコライザー調整も可能です。

 

あだお
アンビエントマイクモード時にザーというようなホワイトノイズが全くなくてかなりクリアです。

 

連続再生120時間を可能にする大容量バッテリーを搭載、イヤホンを取り外すことなく会話をすることができる『アンビエントマイク』機能が仕上がりが高い完全ワイヤレスイヤホンです。

 

あなたも『TE-D01d mk2』を選び、まるでライブを聴いているかのような音質を体感してみませんか?

 

◆AVIOT『TE-D01d mk2』の評価◆
音質:カスタマイズ可能なバランス重視(4.5)
連続再生:120時間(5.0)
音声操作:高感度タッチセンサーとボタン操作(4.5)
防水性能:日常生活に十分なIPX5(4.0)
総合評価(4.5)

 

 

 

【AVIOT TE-D01d mk2レビュー】洗練された高級デザイン・最強クラスの大容量バッテリーを搭載した完全ワイヤレスイヤホン

続きを見る

 

JBL REFLECT FLOW

JBL REFLECT FLOW』はランニングやジムでの運動中などアクティブなシーン用に開発された完全ワイヤレスイヤホンです。

 

イヤホンをいちいち取り外すことなく会話することができるトークスルー機能外部の音を聞き取ることができるアンビエントウェア機能が搭載されたモデルです。

 

JBL REFLECT FLOW』は、最強クラスの防水性能IPX7を採用しているので、汗などが心配なランニングや運動用に使用したい方や重低音を重視する方にピッタリです。

 

特徴

  • 迫力ある重低音サウンド
  • イヤホンを取り外さず会話できる
  • 遅延が全くない
  • 最強クラスIPX7の防水性能
  • 急速充電対応

 

▼手のひらサイズで横長タイプ

あだお
アウトドアシーンやランニングなど運動を行う格好に合いそうなデザインですね。

 

▼蓋オープン!!

あだお
さすが歴史あるJBLの洗練されたデザインを1万円で味わえるコスパの高さはすごい。

 

▼イヤホンとケース

あだお
通常イヤホンとケースの色が同じなのですが、ブラックのみイヤホン内側が違ってレッドなのでブラックを購入しました。

 

▼イヤーチップとスタビライザーを外した状態

あだお
メタリックの赤がポイントとなってカッコイイですね。

 

▼JBLロゴ部分のボタンをクリックすると操作ができます

あだお
少し残念なのが、ボリューム調整はプレイヤー本体で操作しなければならない点です。

 

▼イヤホンの点灯の仕方で状態が分かる

電源ON 青点灯
Bluetooth接続中 赤と青が交互に点滅
Bluetooth接続完了 青点滅
バッテリー残が少ない場合 赤点滅
充電中 赤点灯
フル充電完了 青点灯

 

▼着用した感じ

3種類(S,M,L)のウィングチップによりかなりホールド感が上がり、女性や男性問わずどんな方でも安定した装着感を味わうことができます。

 

もちろんランニングで使用してもIPX7の防水機能が付いているため、汗で濡れてしまっても安心して使用できます。

 

再生・一時停止・選曲などはJBLのロゴ部分にクリックすることで操作が可能です。

操作方法が以下の通り

再生 右イヤホン1回クリック
一時停止 右イヤホン1回クリック
音量調整 プレイヤー本体にて操作
次の曲に進む 左イヤホン2回タップ
前の曲に戻る プレイヤー本体にて操作
トークスルー⇒アンビエントウェア⇒OFF(元の状態) 左イヤホン1回づつクリックで順番に変わる

 

あだお
ボリューム調整や曲戻りは、プレイヤー本体で操作が必要な点は、すべてイヤホン本体で操作できるように改善が必要ですね。

 

もし改善されれば、『JBL REFLECT FLOW』は防水性能・音質・価格の3つとも備わった最強のワイヤレスイヤホンです。

 

防水性能IPX7と最強クラスで、音質と高性能を持ち合わせたコスパ最強のワイヤレスイヤホンをお探しの方はぜひ試してみてください。

 

◆『JBL REFLECT FLOW』の評価◆
音質:重低音重視(4.5)
連続再生:30時間(4.5)
音声操作:ボタン式(3.5)
防水性能:最強クラスIPX7(5.0)
総合評価(4.0)

 

 

 

 

【JBL REFLECT FLOWレビュー】防水性能が最強クラスのIPX7ランニングや運動に最適な完全ワイヤレスイヤホンの評価

続きを見る

 

YAMAHA(ヤマハ) TW-E5A

ヤマハからミドルモデルに位置する『TW-E5A完全ワイヤレスイヤホンです。

 

最大26時間の連続再生、音量に合わせて最適なバランスになるように調整し、過度な音量アップによる耳への負担を抑えることができるモデルです。

 

IPX5防水機能付、全く遅延のないモデルなので、ストレスなく安心して動画や音楽を楽しむことができますよ。

 

ドカドカとなるような重低音重視よりも低音域から高音域までバランスの取れた音質が好みの方におすすめなのがYAMAHA(ヤマハ) TW-E5A』ワイヤレスイヤホンです。

 

特徴

  • 耳への負担を低減してくれる
  • 音楽を聴いていても外部の音が聞こえる
  • 音のバランスを適正にしてくれる
  • 遅延が全くない
  • シンプルなボタンで操作簡単
  • IPX5の防水性能付
  • コンパクトで持ち運びやすい

 

▼ケースが手のひらサイズでコンパクト

あだお
ザラザラした手触りで指紋が付きにくいようなケースですね。

 

▼イヤホン本体とケース

あだお
洗練された無駄のないシンプルなデザインで、すべての操作が左右のヤマハのロゴボタンで可能です。

 

▼ヤマハのロゴボタンですべての操作ができます

 

再生・一時停止・選曲などはYAMAHAのロゴボタンで操作が可能です。

操作方法が以下の通り

再生 左か右のどちらか1回押す
一時停止 左か右のどちらか1回押す
音量を上げる 右のボタンを2回押す
音量を下げる 左のボタンを2回押す
次の曲に進む 右ボタンを2秒間押す
前の曲に戻る 左ボタンを2秒間押す
アンビエントサウンドの有効/無効 左ボタンを3回押す

 

音量に合わせて、音のバランスが最適になる自然で聴きやすい音を再現して耳への負担を低減してくれる『リスニングケア』が搭載。

 

アンビエントサウンドがかなり優秀で音楽再生時の最大音量の30%程度であれば、外部の音をしっかりと聞くことができます。

 

▼着用した感じ

5種類(SS,S,M,L,LL)のイヤーピースと2種類のスリーブが付属しているため、女性や男性問わずどんな方でも安定した装着感を味わうことができます。

 

もちろんランニングで使用してもIPX5の防水機能が付いているため、汗で濡れてしまっても安心して使用できます。

 

あだお
ドカドカした重低音重視があんまり好きでない方にピッタリなのがYAMAHA(ヤマハ) TW-E5A完全ワイヤレスイヤホンです。

 

あなたもヤマハの技術を濃縮された耳への負担を低減してくれる『YAMAHA(ヤマハ) TW-E5A』ワイヤレスイヤホンを堪能してみませんか?

 

◆『YAMAHA(ヤマハ) TW-E5A』の評価◆
音質:低音域~高音域のバランス重視(4.0)
連続再生:26時間(4.0)
音声操作:シンプルなボタン操作(4.0)
防水性能:日常生活に十分なIPX5(4.0)
総合評価(4.0)

 

 

 

【ヤマハTW-E5Aレビュー】耳の負担を低減させる機能や外部音を取込む機能がかなり優秀すぎる完全ワイヤレスイヤホン

続きを見る

 

 

【1万円台前後ならこれ!】おすすめ完全ワイヤレスイヤホン<<まとめ>>

いかがでしたでしょうか。

1万円台前後で購入できるおすすめ完全ワイヤレスイヤホンをご紹介しました。

 

▼以下にまとめ

  • 圧倒的な迫力の重低音重視&クリアな音質⇒『SONY(ソニー) WF-XB700
  • 重低音重視&自分好みの音質にイコライザー調整⇒『JBL LIVE300TWS
  • 最強の120連続再生時間&自分好みの音質にイコライザー調整⇒『AVIOT TE-D01d mk2
  • 最強クラスの防水性能IPX7採用ランニングやスポーツ用⇒『JBL REFLECT FLOW
  • 低音域~高音域までバランス重視が好みの方⇒『YAMAHA(ヤマハ) TW-E5A

 

結果的に1万円も出せば、満足できるレベルのクオリティーの高さです。

 

あだお
本記事で紹介したワイヤレスイヤホンすべて自信を持っておすすめできますので、自分の好みに合ったワイヤレスイヤホンを選んでくださいね。

 

▼今回紹介した商品▼

▼『SONY(ソニー) WF-XB700』カラー2色展開(ブラック・ブルー)

 

▼『JBL LIVE300TWS 』カラー4色展開(ブラック・ブルー・ホワイト・パープル)

 

AVIOTTE-D01d mk2カラー3色展開(ダークルージュ・ブラック・ネイビー)

 

▼『JBL REFLECT FLOW』カラー4色展開(ブラック・グリーン・ティール・ブルー)

 

▼『YAMAHA(ヤマハ) TW-E5A』カラー4色展開(ブラック・ホワイト・スモーキーブルー・スモーキーピンク)

 

-ガジェット
-, , , , ,

Copyright© あだおブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.